re:Invent 2020

re:Invent 2020に関するサーバーワークスの
最新のブログ、動画をご紹介!

サーバーワークス主催「re:Invent」を振り返ってわかる、DXの次の一手はこれだ!に参加する

re:Invent関連動画

【毎日AWS #112】re:Invent 2020、ついに開幕 / Amazon Neptune がグラフノートブックをオープンソース化
【毎日AWS #113】コード品質を向上 CodeGuru Reviewer に新機能 CodeQuality Detector 登場 / re:Invent 2020 日本語セッションの話
【毎日AWS #114】AWS 上で macOS が動かせる!? EC2 Mac インスタンスが登場 / Andy JassyKeynote の再放送
【毎日AWS #115】re:Invent 初日の Keynote で紹介された新サービス・新機能を一挙紹介! #サバワ
【毎日AWS #116】Amazon Aurora Serverless v2 が発表に / その他DB系新サービスを2つご紹介!
【毎日AWS #117】ISV/SaaS提供会社向けのアップデート5件をご紹介 / AWS Partner Keynoteの話 / re:Inventのハンズオンコンテンツ他
【毎日AWS #118】自動コードレビューサービス Amazon CodeGuru が Python サポート / 機械学習Keynoteの話他
【毎日AWS #119】Machine Learning Keynote で紹介された Amazon SageMaker 新機能をまとめてご紹介 / re:Invent 1月開催の話
【毎日AWS #120】Amazon EMR と Amazon Redshift のアップデートを一挙紹介!
【毎日AWS #121】Amazon VPC内の到達可能性を測る VPC Reachability Analyzer が登場 / Infrastructure Keynote の話他
【毎日AWS #122】開発をよりスピーディに!AWS Toolkit が AWS Cloud9 で利用可能に / re:Invent2020 最後の Keynote の話他
【毎日AWS #123】AWS マネジメントコンソールに統合検索機能が登場
毎日AWS #124】マネジメントコンソールからシェル環境を立ち上げられる! CloudShell機能を発表

【毎日AWS #125】AWSを使って地図をアプリに埋め込める! Amazon Location Service をプレビューで発表 他

【毎日AWS #114】AWS 上で macOS が動かせる!? EC2 Mac インスタンスが登場 / Andy JassyKeynote の再放送

re:Invent関連ブログ

今回は、re:Invent 2020の"Manufacturing"トラックの "Come architettare una soluzione di rendering 3D a basso costo con istanze spot (caso d'uso: Ferrari)"  というセッションを視聴したのでレポートしたいと思います。
AWS上でMacOSをEC2インスタンスで使える日が来た!!

こんにちは!! 技術3課の齋藤 英樹です。 今年のAWS re:Inventはオンライン開催となりますが、いきなりビックリさせられました。
re:InventのLive参加による、Keynoteの聞き方Tips

おはようございます。マーケティングコミュニケーション課の北上です。今回は、このあと日本時間9時から開始のAndy JassyのKeynoteを聞く方向けに 3時間のオンラインKeynoteのTipsについて解説していきます。

Amazon EBSで新しい汎用ボリュームgp3が使えるようになりました!


こんにちは、技術1課の小倉です。
re:Inventが始まって、あっという間にアップデートがたくさん発表されました。そのアップデートのうちの一つで、Amazon EBSで新しい汎用ボリュームgp3が使えるようになりました!

AWS re:Invent 2020 Amazon Connectアップデート情報まとめ


こんにちは。Amazon Connect 専任担当の丸山です。
現在開催されている re:Invent 2020 でも Amazon Connect の新機能が発表されました。
発表されている新機能をまとめてご紹介します。

Lambdaのコンテナイメージサイズでスピンアップ速度はどれくらい変わるのか


こんにちは。てるいです。
AWS Lambdaでカスタムランタイムを利用する方法として、Docker(OCI)コンテナイメージがサポートされました。

さて、ここでやはり気になるのはイメージサイズがLambdaのスピンアップ(初回起動・コールドスタート)速度にどの程度影響するのかですよね?ね?
では、検証していきましょう。

Amazon EBS ボリュームを gp2 から gp3 へ切り替えコストを削減する


SRE部 佐竹です。
本日は現在開催中の re:Invent2020 から、Amazon Elastic Block Store (EBS) の gp3 についてコスト比較結果を記載します。

Amazon WorkSpacesの次世代型ストリーミングプロトコルがリリースされました

宮澤です。
タイトルの通り、Amazon WorkSpacesの次世代型画面転送プロトコルのWSPがリリースされていて、「拙僧は昂ぶっておりまする」状態なので早速紹介したいと思います。

【re:Invent2020】Jam参加のススメ。楽しんで学ぼう。

re:Inventでは、「新しいサービスが発表されました!」というセッション以外にも、手を動かして学べるJamというコンテンツがあります。 話聞いているだけじゃつまらないですよね?

今回、 Jamの一つである AWS Security Jam – Presented by Datadog, Splunk, & Trend Micro (Session 1) に参加したので、そのレポートです。

Amazonがイノベーションを生み出し続ける理由が語られた「The value of innovation in challenging times」レポート!

こんにちは、サーバーワークスでCloud Automatorというサービスの責任者をやっております柳瀬と申します。本日は、現在オンラインで開催されておりますAWS re:Inventのセッション「The value of innovation in challenging times」のレポートをしたいと思います。

MicrosoftワークロードのAWS移行パターン解説!「Migrating Microsoft workloads to AWS」視聴レポート


今回は「Migrating Microsoft workloads to AWS」というセッションに参加したので、その要点をご紹介します。
このブログではセッション内の概要を紹介する事で、セッションの雰囲気をお伝えできればと考えています

「Data pipelines with Amazon Managed Workflows for Apache Airflow」視聴レポート

[NEW LAUNCH!] Data pipelines with Amazon Managed Workflows for Apache Airflow のセッションを視聴しましたので、その内容を一部ご紹介したいと思います。

「[NEW LAUNCH!] Amazon Lookout for Vision」視聴レポート!!!!!!

この記事は [NEW LAUNCH!] Amazon Lookout for Vision のレポートです。今回のre:inventで発表されたAmazon Lookout for Visionとはどんなサービスなのでしょうか???

2020年のAmazon RDSアップデート情報が分かる!「What's new in Amazon RDS」視聴レポート

このセッションでは、Amazon RDS向けにリリースされた様々な新機能が紹介されました。
項目として16項目もありますので、この記事では全体像を記載しようと思います。

「Best practices for running Microsoft Active Directory on AWS」視聴レポート

こんにちは。CI部の鎌田です。
"Best practices for running Microsoft Active Directory on AWS" を視聴しましたので、その一部をご紹介します。 

大規模移行、実行中 - (re:Invent 2020 セッション 「Executing a large-scale migration to AWS」視聴レポート)

エンジョイ AWS!
サーバーワークス エンジニアの伊藤Kです。

re:Invent 2020、楽しんでますか?
この記事ではAWS re:Invent 2020のセッション「Executing a large-scale migration to AWS」のレポートをします。
早速いってみましょう。いくつかセッションのポイントを見ていきます。

【セッションレポート】放送の次なるフロンティア - プロのライブコンテンツ制作(原題:The next frontier in broadcasting: Professional live content production)

本記事はre:Invent2020で行われたセッション「The next frontier in broadcasting: Professional live content production (sponsored by Deloitte)」 のレポートになります。
当該セッションはこちらのリンクになります。セッション内の Attachmentsにスライド資料がダウンロードできるようになっていますので、併せてご確認ください。

新機能 Amazon Connect のCustomer Profilesを設定してみました

Amazon Connect Customer Profilesが発表されました。
簡単にCRMなどの情報をAmazon Connectと連携することができる機能となっています。機能もリリースされていますので、早速設定してみました

Amazon Monitronのセッション・デモ視聴レポート #reinvent2020 「MonitronセンサーのセットアップはEchoのセットアップみたいに簡単」

こんにちは、サーバーワークスのこけしの人、坂本(@t_sakam)です。re:Invent 2020のキーノートで発表された「Amazon Monitron」のセッションを視聴したので、そのレポートをしたいと思います。

AWS Compute Optimizer が Amazon EBS ボリュームの推奨に対応しました

SRE部 佐竹です。
本日も現在開催中の re:Invent2020 から、AWS Compute Optimizer のアップデートについて記載します。

【セッションレポート】メディアセキュリティの今 : 業界リーダー討論(原題:State of media security: A discussion with industry leaders)


本記事はre:Invent2020で行われたセッション「State of media security: A discussion with industry leaders」 のレポートになります。

【セッションレポート】リーダーの決断[Leadership Sessions]Boldness matters in critical moments

プロセスエンジニアリング部の永田です。皆さま、re:Invent2020楽しんでいますか?

さて私事ですが、ここ数年、自身が携わるサービスの実現手段以上に、サービスコンセプトや方向性がとりわけ気になるようになりました。というわけでLeadership Sessions(リーダーセッション)、まずはBoldness matters in critical momentsを覗いてみました。

「量子コンピューティングに手を出すなら今?」なのか "Is now the right time to explore quantum computing?" を見て考えた

こんにちは、サービス開発課の小倉です。普段は自社サービスであるCloud Automatorの開発をしています。

現在オンラインで開催中のAWS re:Invent 2020ですが、私は門外漢にもかかわらず興味本位でIs now the right time to explore quantum computing?という量子コンピューティングのセッション(以下、本セッション)を視聴してしまいました。

次世代のパーミッション管理について「AWS identity: Next-generation permission management」視聴レポート


AWS re:Invent 2020 のセッション「AWS identity: Next-generation permission management(次世代のパーミッション管理について)」の視聴レポートです。

当該セッションはこちらのリンクになります。

バックエンドリソースが GUI で作成できる! AWS Amplify Admin UI が登場

こんにちは、技術1課の加藤です。
re:Invnet 2020 の冒頭に、私の大好きな AWS サービス Amplify の新しい機能が発表されました。

これは気になる、、、! ということで今回はその新機能、管理画面を提供する Admin UI について紹介していきます!

AWS CLIを使ってAmazon EBSの新しいボリュームタイプgp3へ移行してみた。

こんにちは、完全に出遅れたCSM課の城です。re:Inventが始まりまして、色々なアップデートが発表される中、ストレージ関連のアップデートに興味津々です。
中でもgp3については、安い、パフォーマンスが良い、ふむふむ、これは使わざるをえないな、というところで、今後発生しそうな大量設定変更に向けて、AWS CLIで変更を実施してみます。

2020年のAmazon Auroraアップデート情報!「What's new in Amazon Aurora」

このセッションではAmazon Auroraの説明と、Amazon Auroraの関するアップデート情報が紹介されました。
本ブログでは、この中からアップデート情報についてピックアップしてご紹介します。

【セッションレポート】AWSアカウントのセキュリティについて知っておきたい15のこと(原題:15 things I wish I knew about securing my AWS account)

この記事は re:Invent 2020 で行われた「15 things I wish I knew about securing my AWS account」 セッションのレポートです。本セッションでは、AWSアカウントのセキュリティを向上させるための Tips を15項目に分けて語られていました。

CodeGuru が Python に対応したので Reviewer 機能を試してみました

クラウドインテグレーション部の千葉です。
CodeGuru が Python に対応しました。
うれしいですね!期待しちゃいますね!!
ってことで、わたし試してみました。

【セッションレポート】Open-source observability at AWS

こんにちは。サービス開発課の尾崎です。 普段は自社サービスであるCloud Automatorの開発や運用を担当しています。

re:invent 2020のセッションレポートをお届けします。参加したセッションは「Open-source observability at AWS」です。

ML-powered voice authentication with Amazon Connect Voice ID視聴レポート

こんにちは!孔子の80代目子孫兼技術4課の孔です。Amazon Connectの新しい機能が発表されました!

AMI作成時にタグを付与できるようになりました

従来、タグ付きのAMIを作成する際は、AMIの作成処理をしてから、タグを付与する処理を実行する必要があり、AMI作成のスクリプト等を実装するときは、少々煩雑な実装が必要でした。

アップデートにより、AMI作成のAPIリクエストの中で、同時にタグの付与を指定できるようになりました。本記事ではその使い勝手等を確認してみたいと思います。

【セッションレポート】オンプレミスのファイルベースのワークロードに適したストレージの選択(原題:Choosing the right storage for your on-premises file-based workloads)


こんにちは、技術2課、大阪勤務の全(ちょん)です。

世の中、AWS含む、クラウドサービスをどんどん活用していければ、便利になると思いつつ、移行がなかなか難しいのが現実です。 そんな中、re:Invent 2020 で「Choosing the right storage for your on-premises file-based workloads」セッションに参加したので要点をご紹介します

【re:Invent 2020レポート】AWS環境を保護するための効果的な10の方法

技術2課の山﨑です。 かなり出遅れましたが、現在開催中のre:Invent 2020のセッションレポートをお届けします

Infrastructure Keynote視聴レポート

re:Invent 2020 にて2020/12/11の「Infrastructure Keynote」を視聴しましたので簡単ではありますが、日本語で簡単にまとめレポートします

【re:Invent 2020】AppFlowがHoneyCodeへのデータ送信に対応しました!

こんにちは、PE(プロセスエンジニアリング)課の中村です。 PE課では、主に社内システムの開発・保守をおこなっています。

今日は、先日AWS製のノーコードツールで話題となったHoneyCodeに関連するUpdateがありましたので紹介します。(実際にアップデートのあったサービスはAppFlowです)

【視聴レポート】re:Invent 2020 Machine Learning Keynote

Machine Learning Keynoteにて新機能が7つ発表されましたので、簡単ではありますが各機能をご紹介します

AWS Proton でハッピー DevOps ライフ(に期待)


こんにちは。クラウドインテグレーション部の内村です。
私は、お客様とお話させて頂く機会の多い DevOps に興味がありますが、その中でも AWS Proton の発表に興奮をしましたので、勘所をメインにシェアさせていただきます

CloudShell でお手軽にシェル環境を立ち上げるぞ


昨夜は Werner Vogels さんの Keynote がありました。正直なところ Andy Jassy さん以外あまり存じ上げないのですが、いろいろ気になるアップデートが出ていましたね。

その中で唯一私でも分かりそうなものとして CloudShell がありました。せっかくなので少し触ってみました

【AWS re:Invent 2020】Amazon VPCの高度なVPC設計と新機能

こんにちは、クラウドインテグレーション部 柿﨑です。
本記事ではAmazon VPCに関するセッションの概要をお届けします

「Migrate your data to AWS quickly and securely using AWS DataSync」視聴レポート

こんにちは、PE部の針生です。
オンプレミスからクラウド上にデータを移行する際、皆さんならどうやって移行しようと考えますか?

AWS なら DataSync というサービスがあります。
Migrate your data to AWS quickly and securely using AWS DataSync (AWS DataSync を使用して、データを AWS に迅速かつ安全に移行します)
というセッションがありましたので、このセッションについて視聴レポートしたいと思います

AWSのドローンとAIを用いた風力発電の自動メンテナンスを学ぶ【re:invent 2020】

本記事は AWS re:invent のセッション『Automating wind farm maintenance using Drones and AI』の視聴レポートです。

AWS Systems Manager Change Manager とは何か

SRE部 佐竹です。
本日は現在開催中の re:Invent2020 から、AWS Systems Manager の新機能 Change Manager について記載します。

大規模移行のベストプラクティス?re:invent 2020 セッション参加レポート

こんにちは。SRE部の佐藤です。AWS re:invent 2020のセッション「CloudEndure Migration Factory best practices」を視聴したのでレポートしたいと思います。

【AWS re:Invent 2020】サーバーレスのセキュリティを考える (原題:"Best practices for securing your serverless applications")


PE部PE課の礒です。毎日寒くても心は実家のこたつの中です。

私はよくサーバーレスアプリケーションを作るのですが、動画を視聴してみて今まで実践できていなかったベストプラクティスを学ぶことができました。

AWS Snowcone の無料デジタルトレーニングのコースが3つ追加されました


Re:invent 2020で AWS SnowFamily関連では以下セッション(動画)がありました。

12/2のKeynoteで発表されたサービス一覧


re:Inventも12月分は本日(12/18)で終わりですね。
Keynoteも12/16のWerner Vogels Keynoteで一旦終わりです。 現在は、Keynoteは12/11の分までが、録画としてページ内で配信されています。今回のお題の12/2はAndy Jassy Keynoteです。

AWS CloudShell を Serverless Framework × Python のデプロイ環境として使ってみた


AWS CloudShell がリリースされ、ブラウザ上でシェル環境が使えるようになりました。このアップデートによって、「ローカルを汚さないCLI環境」が簡単に手に入るようになりました。

【AWS re:Invent 2020】AWS BatchがFargateでのジョブ実行をサポート


どうも、CI4課の古川です。コロナ禍で、2020年のre:Inventはフルリモートでの開催となりました。 来年こそは直接会場に行って参加したいと思います。ところで、AWS Batchがアップデートされ、Fargateでのジョブ実行が可能になりました。

【セッションレポート】Amazon S3への移行(原題:Accelerate your migration to Amazon S3)


CI部の村上です。 本記事は現在開催中のre:Invent2020のセッション「Accelerate your migration to Amazon S3」に参加したレポートです。

re:Invent 2020 で発表された EC2 インスタンスタイプまとめ


SRE部 佐竹です。
こちらの記事は2019年4月10日に投稿させて頂きました以下のブログの更新版となります。
東京リージョンで構築可能なインスタンスタイプのアベイラビリティーゾーン別一覧表[2019/4/10]

「How Just Eat Takeaway is building resilience for the long run」視聴レポート


こんにちは。プロセスエンジニアリング部の馬場です。

本記事は re:Invent 2020 のセッションレポートです。

Amazon Lookout for Vision(Preview版)を試してみました


こんにちは、技術4課の木次です。re:Invent 2020 で発表された Amazon Lookout for Vision を実際に触ってみました。なお、Preview 版なので UI や仕様が変更される可能性がある点にご注意ください。

【re:Invent2020】AWS Jams に参加したので、概要と感想を書いてみた


re:invent2020 で開催中の Jams に参加したので、概要と感想を書きました。Jams には こちら から参加いただけます。※ blog 執筆時点で Jams の期限が 17時間を切っていたのでやりたい方はお早めに!記事目安...10分

【re:Invent 2020レポート】サーバーレスとコンテナあなたは使いこなせていますか?(原題:AWS Fargate: Are serverless containers right for you?)


こんにちは SRE部 冨塚です。re:Invent2020 みなさん楽しみましたでしょうか。いろんな発表サービスリリースも続き興奮冷めやらない日々をお過ごしのことと思います。

【re:Invent 2020】EA社の複雑な環境を、McAfeeがどのように支援したのか


宮澤です。
EA社から販売している、スターウォーズ・スコードロンで銀河の平和を守っています。作中に登場する中で、好きなスターファイターは、Xウィングです。今回は、re:Invent 2020の"How McAfee assisted Electronic Arts in managing complex environments"  というセッションを視聴したのでレポートしたいと思います。

re:InventのLive参加による、Keynoteの聞き方Tips

おはようございます。マーケティングコミュニケーション課の北上です。今回は、このあと日本時間9時から開始のAndy JassyのKeynoteを聞く方向けに 3時間のオンラインKeynoteのTipsについて解説していきます。

AWS re:Inventに参加する